脚がだるい腰痛について

脚がだるい腰痛について

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8174507064431157"
data-ad-slot="9138288070">


 腰痛に悩む人は同時に脚がだるいという症状を訴えることが多いようです。その理由は、腰椎から腰神経叢という神経の束が足先に向かって伸びており、脚の神経は腰に繋がっているのです。このため、骨盤のゆがみや腰椎のズレが脚がたるいという症状の原因になっていることが多いのです。


 脚がだるいという人の具体的な症状は、夜になると脚のひざ下がだるくて辛い、ふくらはぎがだるい、椅子に座り続けていると、降ろした脚がだるい、脚がだるくて、歩るくのも辛い、階段を上るときに、脚が重だるい感じで脚に力が入らない、脚指に力が入らない、などの辛さがあると訴えています。


 このような症状の原因は、腰椎のズレからくる神経の圧迫なのです。背骨の腰椎に神経の圧迫が発生すると、脚がだるいという症状を起こしやすくなります。そして、長く歩いた後や長時間座った後のように日常生活のいろいろな場面で、静脈血やリンパ液の循環不良により、血液やリンパ液が下半身に滞留して、腰から下のだるさや膝から下のだるさが症状として現れてくるのです。




 腰痛からくる脚がだるいという症状を改善するには、腰椎のズレや骨盤のゆがみを上部頸椎カイロプラクティックで修復することが有効です。骨盤のゆがみや腰椎のズレを直接に治療しなくても、カイロプラクティックによる上部頚椎の矯正効果は全身に及び、脳からの指令により腰椎のズレや骨盤のゆがみが修復され、脚がだるいという症状も自然に改善されるのです。カイロプラクティックを利用して脚のだるさを解消しましょう。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8174507064431157"
data-ad-slot="9138288070">


関連ページ

下半身に力が入らないという腰痛について
腰痛の症状で、下半身に力が入らないと訴える方が多いようです。具体的にどのような症状があるのでしょうか。
壁伝いに歩くほど痛い腰痛について
壁伝いに歩くほど酷い腰痛の一種で、ぎっくり腰と呼ばれる症状があります。このぎっくり腰の原因と症状について説明します。
寝返りもうてない腰痛を治せるか
寝返りもうてない程痛みがひどい腰痛がどんどんよくなるという広告をよく見かけますが、寝返りもうてない腰痛がどんどんよくなるというのは本当なのでしょうか。いろいろな体験談を探しても、広告の通りに寝返りもうてない腰痛がどんどんよくなるというのは、どうも無理な話のようです。
歩けないほど痛い腰痛について
歩けないほど酷い腰痛の一種で、ぎっくり腰と呼ばれる症状があります。このぎっくり腰の原因と症状について説明します。
脚のむくみに悩む腰痛について
腰痛に悩む人は同時に脚のむくみという症状を訴えることが多いようです。その理由は、ふくらはぎの筋肉は腰の状態に影響を受けやすいからです。腰痛で腰に疲労がたまると、腰の周囲の筋肉に疲労が貯まり、その影響がふくらはぎの筋肉に及んで血行が悪くなり、やがて脚のむくみという症状が現れるのです。
脚を動かすとつっぱる腰痛について
腰痛に悩む人は同時に脚を動かすとつっぱるという症状を訴えることが多いようです。
腰が痛いぎっくり腰について
腰が痛いという症状がでる腰痛の一種で、ぎっくり腰と呼ばれる症状があります。このぎっくり腰の原因と症状について説明します。
腰の激痛に苦しむぎっくり腰について
腰の激痛に苦しむほど酷い腰痛の一種で、ぎっくり腰と呼ばれる症状があります。このぎっくり腰の原因と症状について説明します。
足がしびれる腰痛について
腰痛に悩む人は同時に足がしびれるという症状を訴えることが多いようです。その理由は、腰椎から腰神経叢という神経の束が足先に向かって伸びており、足の神経は腰に繋がっているのです。このため、骨盤のゆがみや腰椎のズレが足がしびれるという症状の原因になっていることが多いのです。